大家さんを始める方、会社様へ。

廻りとの競争に打ち勝つ強い物件にする。その1

せっかく新築マンションを建てても、廻りには次々と新しい物件が増える・・・。
家賃が下がるのではないかという不安がつきまといます。
いずれは家賃が下がるのは避けられない事かも知れませんが、コンセプトで述べているように、

躯体は十分な強度を持たせる経済設計。
住む人の居住性に考慮した設備をフル装備。
飽きの来ない、美しい外観・・・。

当社の物件では、実際に廻りの物件に比べ、家賃の水準が高く、しかも競争力を長期に渡って保持出来ることを目指しています。

廻りとの競争に打ち勝つ強い物件にする。その2

例えば礼金も、最近は敷金や礼金が新築で2か月分。でも、2巡目からは1か月分しかもらえない・・・。という物件が増えています。
TATプレミアムマンションでは、2巡目も1巡目とほぼ同じ礼金、敷金の金額を維持できています。
入居者さんが入れ替わる時に、仲介業者さんに仲介料を支払わなくてはなりませんが、礼金、敷金が下がると、その時点でお金が持ち出しになってしまうのを防ぐことが出来ています。

廻りとの競争に打ち勝つ強い物件にする。その3

ご提案の中には、当社で廻りの家賃を調べて作成する想定家賃表も含まれています。
間取りも、躯体のバランスを保ちながら、家賃も考えて最適な間取りを提案させて頂きます。
例えば、場所によっては、1Kより、1LDKの方が人気がある場合もあるし、1Kの方が入居率の高い地域もあります。
間取りを決めたら、使い勝手の良い配置や、建具、お風呂やキッチンなどを提案致します。

廻りとの競争に打ち勝つ強い物件にする。その4

建築した後からやり直すことはできないので、お施主様とじっくり相談して創りましょう。
場所やご予算によっては、プレミアムではない、スタンダ-ドタイプのご提案をさせて頂くこともあります。

コンセプトページに戻る―  ―トップページに戻る